乾燥麺類

感想とかを書きます

スケバン刑事if

スケバン刑事if 和田 慎二(著)

 

久しぶりに読んだ。

といっても前回読んだのは去年の冬だから記憶は割と新しいけど

 

サキと麗巳が互いに立場を確立する前に出会っていた場合のifの話。

もしも学生刑事として力を振るう前のサキと、ヨーロッパで野望を推し進め始める前の麗巳が出会ってしまったら……

孤高ゆえに強いが脆いサキと、孤独ゆえに無限の野望を持つ麗巳はしかし出会ってしまった。

二人は寄り添い身を寄せ合い生活することになるが、

交わってしまったことで運命はねじれて変わっていくのか……

 

僕自身はドラマ未見、漫画は全巻所有。

原作厨だけどドラマに対してどうこうは言えないから話題の幅としては狭くなってしまうけど、

原作はめちゃくちゃ好き。

ハードな世界観にバイオレンスなアクション、

情け容赦のない肉体的にも精神的にも追い詰める暴力描写は

当時少女だった人にどれだけ衝撃を与えたのだろうかと思う。

 

僕は高校の頃に和田慎二先生の作品をちょくちょく読むようになったんだけど、

スケバン刑事を読み始めた頃は、とにかくガツンと頭を殴られたような感覚で……

高校が自転車で50分くらいのところにあったんだけど、

その高校の近所にある小規模チェーンの中古本屋で数冊読んだ後はもう完全に虜になってしまって

全巻を2回か3回に分けて購入して、背負って帰るなどしたのを今でも覚えている。

ああこれは家で読まないとダメだ、と思って……

 

今は電子書籍があるから背負わなくても済んで、楽でいいと思う。

 

 

今日読み返して、

ああ、女の感情……って軽くトリップしながら読み終わった後で

ふと背表紙とあとがき後の奥付ページの、ヨーヨーの軌跡に今更ながら気付いてしまって

背筋がぞくっとした

買った当時は気付かなかった、鈍感すぎませんか

 

これ完全に、作中の天宮佑希と氷室麗華という二人の狼のことじゃないですか

表紙のヨーヨーの平行になった軌跡と、背表紙のまっすぐなヨーヨーとループしたヨーヨーの軌跡

そして奥付

 

こういうデザインで内容に沿わせてこられるのがめちゃくちゃすき

まあ出版されてから14年、僕が最初に読んでから7年?(読書メーターにログが残ってた)くらい経過していて

今更気付いたくせに何だよって感じだけど

 

ちらっと言ったけど内容としては

孤高な女と、邪悪の道を進もうとし始めた女が出会い、どうしようもなく惹かれ合ってしまう話だから

完全に百合なので百合の人は必ず読むように

あ、原作のスケバン刑事も読んでね

絶対読んで

スケバン刑事はいいぞ

 

 

和田慎二先生が亡くなってからもうだいぶ経つけど

超少女明日香、もっと読みたかったなぁ

とか色々考えてしまう。

好きな作家が亡くなることほど哀しいことはない

 

今まさに面白い作品をバンバン出している人達を応援していきたいし、

もっと多くの作家、作品と出逢っていけたらなぁと思う。

黒き淀みのヘドロさん

 

こないだの流れで買ったまま漬け置きしていたヘドロさんも読んだ。

 

また言語化しにくいなぁって思ったけど

この前読んだ、スペクトラルウィザードよりだいぶわかりやすかった気がする

それでも、ぐるぐると心が回るような揺さぶられ方をしてしまったけど

 

 

ナイトジャスティスとキングバーガー

ヘドロと人間性

真実と虚構

ぐるぐると回りながら本当の正解に辿り着こうとするクラウネッサの葛藤が

読んでいて寄り添いたくなってくるのがよく出来てる

  

人を救うものとしての成長過程に

りもん先生とミトちゃんがあるのはちょっと容赦がなさすぎではとか思ってしまう

けどそこがいいところでもあるのかなぁって思った

 

初っ端りもん先生にブチ当たるのは

ヘドロ生命体じゃなくても普通にトラウマだと思う

というか、りもん先生みたいな超危険物を子供になんとかさせようとするのは

まんがだからいいものの普通にやばい

 

 

ヘドロの彼女は、失敗をして失敗をして

出会いから存在意義を見つめ直して

どう作られたからではなくどうありたいかを選び取り、

キングバーガーではなくナイトジャスティスになった。

 

でも、完全に無になったわけじゃなくて

彼女と触れ合った人の中には、小さな思い出が残っていて……

救った人たちの心が、

それこそが彼女が追い求めた存在意義の証明になっているのかもしれない。

 

 

この作者の作品を終わってからまとめて読むのではなく連載を追いかけるのって割と厳しいというか

僕には難しいかなと思う。

揺さぶられるから

揺さぶられるのにそれをうまく言語に固められないから。

面白いから読んじゃうんだけどね

 

今回も、めちゃくちゃ楽しめた

スペクトラルウィザード

スペクトラルウィザード 模造クリスタル

読んだ。

 

圧倒的に引き込まれる内容ながら、どう接していいかわからずにいて、

最後まで読み終えた後も、なんともいえないままでいる。

スペクトラがかわいいとか、ガーゴが哀しいとか

表面的な言葉でならいくらでも書けると思うけど、そうする気にはならない。

 

 

仲間を裏切り、人に言われた言葉を元に説得して世界を救ったスペクトラ。

世界を救う、その成し遂げた行為は、仲間を裏切ったことから後ろ暗く

そもそも自分の背中を押した者の意志だったのではないか

自分はその中でどうすべきだったのか明瞭としない。

結果だけ見ればハッピーエンドなのかもしれない。

しかし時は常に前へと進み、取り返しのつくことなどなにもない。

 

いつだって昨日と違う今日から、今日と違う明日になる

ただし、別にそれは喜ばしく、明るく楽しいことではない。

だって、私は別に晴れやかな気持ちにはなっていないのだから。

 

 

いい漫画は心を揺さぶってくるけど

揺さぶられたけどどう受け止めればいいかわからず、ただゆらゆらしているような気分で、

そういう意味では非常に後味が悪い。

これはだから悪いということではなくて

僕が内向的で、主人公に共感してしまっているせいでこうなっているんだと思う。

 

中身の作品としての色合いが万人向けかと言えばそんなことはないけど、

同人誌で発表された作品をまとめたものになるので

話ごとに独立した作りになっていて、そういう意味ではかなり読みやすいと感じた。

 

ちょっとでも興味を持ったなら読んでみてほしい。

そして感想を教えてほしい

真・女神転生 デビルチルドレン

今日も漫画を読んだ

新装版 真・女神転生 デビルチルドレン(1) (KCデラックス) 藤異 秀明、 ATLUS

新装版 真・女神転生 デビルチルドレン(2) (KCデラックス) 藤異 秀明、 ATLUS

新装版 真・女神転生 デビルチルドレン(3) (KCデラックス) 藤異 秀明、 ATLUS

 

真・女神転生デビルチルドレン

僕はこの漫画が大好きで、5年に一度くらいは読み返している

そして読む度に心が震えて、なんとも言えない気持ちになる

 

子供向けビジュアルでバッキバキにかっこいいカットを連発するのがマジで好きすぎるんだけど

デビチルは、そういう系でも一番バランスが好き

 

過酷な世界の中で立ち上がり、前に進む姿に勇気が貰えるような気持ちになる

正直、戦争批判、文明批判的な言葉とか表現はクドすぎる部分あるよなって思ってるけど

これだけ過酷な世界に放り込まれた中で言い放つセリフだからこそバランスが取れているようにも思う

 

僕がこの漫画の中で一番好きなのは、

最初の単行本3巻6話の、片腕を切り飛ばされた刹那が満月をバックに立ち上がり、こちらに向かって睨みつけるシーン

この絵面のかっこよさのためだけに読む価値があると言っても良いと思う

 

キャラクターでは

4巻からの高城のエロさもいいけど、

僕はやっぱりエレジーですね、

エレジーが本当にかわいい。

エレジーは、エレジーは本当にかわいいけど不憫

過酷な世界から抜け出して学パロ世界に来た後のエレジーはもっとかわいい、

というか普通にラブコメヒロインになれるくらいめっちゃかわいくなる。

でも恋は実らなさそう、

刹那は未来のことしか見てないからね。

 

デビチルは何度読んでも新鮮な気持ちで楽しめるし、

これからも何年後かに読み返したい。

ドラゴンクエスト 幻の大地 神崎まさおみ

とりあえず週末に読んだ漫画の話

ドラゴンクエスト 幻の大地 全10巻完結 (ガンガンコミックス) [マーケットプレイスコミックセット] [コミック] 神崎まさおみ

 

ドラクエコミカライズの漫画でも一番好きな作品。

ゲームではほとんど主人公や登場人物の感情、主観が出てこないVIだけど

そんなVIを普通にやるだけでは見落としがちな観点を拾うことができる、いいコミカライズだと思う

 

ゲーム中では決して仲間にならないブチスライムが、魔物で唯一の仲間として存在するのが小憎らしく

本編ではあまり見られない主人公の感情の発露が強くて、

演出がやや過剰な辺りもいい感じのケレン味になっている。

 

狭間の世界に行ってからの駆け足具合とかはまああれだけど

全体的に、VIの「説明のなさ」を補うに足る内容だと思う。

特に登場人物達の感情を補うにはこれ以上無い。

 

あとバーバラがかわいい。

ミレーユがエロい。

テリーが鬼のように強いのはおすすめポイントなのかどうかはわからない(僕は好き)

 

実際のVIは現実ムドー戦までが神バランスであとはグダグダ(ダーマ神殿が出てきてしまうので)な辺りとかゲームバランスで残念なところがあったり

ストーリーはともかく主人公の主観表現の薄さなどが顕著でただやるだけでは微妙にオススメしにくいところがある作品だけど

また、やってみようかなぁ

なんて思った